タミヤ1/12ドゥカティ1199パニガーレ S トリコローレキットレビュー!

シェアする

当サイトの管理人「ひろろん」です。

このページでは、2017年12月16日に発売された1/12オートバイシリーズの「タミヤ1/12 ドゥカティ1199パニガーレ S トリコローレ」の最新キットのレビューを詳しく紹介しています。当サイトでは他にも面白い記事を掲載していますので、今後ともひろログ!」をヨロシク!

スポンサーリンク

タミヤ1/12ドゥカティ1199パニガーレ S トリコローレキットレビュー!

タミヤから1/12オートバイシリーズの最新キット「タミヤ1/12 ドゥカティ1199パニガーレ S トリコローレ」が2017年12月16日に発売された。2014年に発売された「タミヤ1/12 ドゥカティ1199パニガーレS」とカウルのカラーリング違いで、専用デカールやマスキングシールが新たに追加されている。

そこで今回は、このキットの内容について詳しく紹介してみようと思う。

ドゥカティ 1199 パニガーレS トリコローレとはどんなバイク?

史上最速・最強のスーパーバイク!

スーパークアドロ・エンジン、モノコックフレーム、最先端の電子制御テクノロジーを備えた、ドゥカティが勝つために最速のバイクを作るメーカーであることを誇りにするために、すべての英知を結集させた1199パニガーレの最高峰モデル。

DTC(ドゥカティ・トラクション・コントロール)、DQS(ドゥカティ・クイック・シフト)、EBC (エンジン・ブレーキ・コントロール)、RbW (ライド・バイ・ワイヤ)といった「ドゥカティ1199パニガーレ S」の装備に加えて、白・赤・緑の3色に塗り分けられたイタリアントリコローレの専用カラーリングと、ABSとDDA+ (ドゥカティ・データ・アナライザー) も標準装備とした、まさしくフルスペック仕様。

他にも、マルケジーニ製アルミ鍛造ホイール、フルLEDヘッドライトも装備され、エアロキットも付属する。もはや地球最強のスーパーバイクといっても過言ではない。

キットの注目点は?

車体構造のメインとなる水冷Lツインエンジンは忠実に再現されている。また、車体左側にあるダンパーユニットは、金属製コイルスプリングを使用しリアルに仕上がる。

サイドカウルは極小ビスにより取り付けられるので、完成後も脱着してマシン内部を見ることが可能だ。

樹脂製のフロントフォークは、別売の「ドゥカティ1199 パニガーレS フロントフォークセット」に置き換えることで、さらにリアル感が増す。

↓ドゥカティ1199 パニガーレS フロントフォークセットの購入ならこちら!

ゴールドアルマイト仕上げのアウターチューブやリザーバータンク、ブルーアルマイトのフォークトップ、ブラックアルマイトのアウターチューブエンド、さらにブレーキディスクのフローティングピンもアルミ製。

また、独特の質感をもつインナーチューブはゴールドメッキの真ちゅう製を採用!

金属パーツならではの輝きと質感で、手軽にリアルに仕上げることが可能なのでおすすめだ!

タイヤはトレッドパターンがリアルに再現された合成ゴム製が付属。安定感のあるレーシングスタンド付きとなる。

実車ではTFTカラー液晶のメーターパネルが採用されているが、こちらは「スライドマーク」で再現されている。バックミラー面はリアルな仕上がりの「インレットマーク」が採用されている。 

レース専用バイクとは違い、公道を走行するバイクに必要不可欠な前後のライトやウインカーレンズは、クリヤーパーツでリアルに再現されている。

片持ち式スイングアームを採用し、レース専用バイクを彷彿とさせる軽快なリヤビュー。

レーシングスタンド以外にサイドスタンドも付属し、可倒式で再現されている。 

専用カラーである、緑、白、赤のストライプやドゥカティのロゴは「カルトグラフ」社製のスライドマークを採用。

ミラー面のインレットマークや、ピュアーホワイトとイタリアンレッドの塗り分けに大変便利なマスキングシールもセットされている。誰にでもキレイに塗り分け出来そうな配慮が良い。

スポンサーリンク

気になるキットの中身は!?

箱の中身はこんな感じ。タミヤ製バイクモデルのスタンダードなパーツ構成だ。

Aパーツ&フロントカウル:

カウル周辺やマフラーなどのパーツが中心。

カウルのパーツの薄い成型が秀逸!さすがタミヤといったところだ。

Bパーツ:

主にホイールやフレーム、足回り周辺のパーツ。的確なパーツ分割が見事!

Cパーツ:

エンジン、ブレーキ、ラジエター周辺などのパーツ。

Dパーツ&タイヤその他パーツ:

Dパーツはライトやフロントカウルのフードなどのクリアパーツ。

タイヤが入っている袋には、ワイヤー用チューブ、サスペンション用スプリング、ビス、ドライバー類が入っている。こちらもタミヤ製バイクモデルのスタンダードなセットだ。

↓★キット購入ならこちらで!↓

★2014年に発売されたSバージョンのキット詳細はこちら!

⇒タミヤ1/12ドゥカティ1199パニガーレSキットレビュー!

タミヤ1/12ドゥカティ1199パニガーレ S トリコローレキットレビュー!の記事まとめ:

タミヤ1/12ドゥカティ1199パニガーレ S トリコローレのキット内容を紹介させて頂いたが、いかがだっただろうか?

やはり、2014年に発売された「タミヤ1/12ドゥカティ1199パニガーレ S」とキット内容はほぼ同じだが、デカールやマスキングシールなどでカウルのカラーリングを変更している。

2種類のドゥカティを揃えて2台同時製作してみても面白いだろう。

近年のタミヤのバイクモデルはパーツ精度が良いのはもちろん、カウルの薄い成型や完成度が素晴らしく、ぜひ一度は製作してみて欲しいキットのひとつだ。

プラモデル・模型製作をこれから始める方はこちらの記事を見て欲しい!

★プラモデルや模型製作の魅力について、とりあえずいっぱい語ってみた!

⇒プラモデルの魅力を本気で語ってみる! 

★まずは、プラモデルや模型製作に必要な道具類を揃えよう!

⇒プラモデル初心者が製作にそろえたい最低限必要な道具は?

★プラモデルのクオリティはパーツの下地処理が命!

⇒プラモデル製作用ヤスリ、サンドペーパーの種類と上手な使い方!

★プラモデル・模型製作の能率は、作業環境の良し悪しで決まる!

⇒プラモデルの製作スペースの作り方! 

プラモデルや模型を塗装するならこちらの記事がおすすめ!

★プラモデル・模型の完成度を向上させる塗装をエアブラシで!

⇒プラモデル塗装に最適なハンドピースの選び方は?

★エアブラシ塗装に必要なのは、ハンドピースとこちら!

⇒エアブラシ塗装用コンプレッサー選びのポイントとおすすめは?

★室内でエアブラシ塗装を快適にするには絶対必須!

⇒塗装ブースおすすめ!エアブラシ塗装用ならこれを買え! 

★塗装するパーツをはさむペインティングクリップおすすめはこちら!

⇒プラモデルの塗装に必須!ペインティングクリップの自作方法は?

★仕上げ塗装前の下地塗装におすすめの記事はこちら!

⇒プラモデルや模型に塗装するサーフェイサーの効果と役割とは?

★塗装したパーツを効果的に乾燥して、作業の効率化を!

⇒Mr.ドライブースに代わる代用品ならコイツがおすすめ! 

プラモデルのジャンルに関する記事はこちらで!

★プラモデルの数多くある種類をジャンル別に詳しく解説!

⇒プラモデルの種類はこれだけある!!ハマってみる価値はあるぞ!

★タミヤ本社と静岡ホビースクエアを見学した内容を詳しく紹介。ホビー好きなら一度は行ってみよう!

⇒タミヤ本社と静岡ホビースクエアは絶対行くべき!その魅力とは!? 

スポンサーリンク