タミヤ1/24 メルセデスAMG GT3最新キットレビュー!

シェアする

当サイトの管理人「ひろろん」です。

このページでは、2017年11月11日に発売された「タミヤ1/24 メルセデスAMG GT3」の最新キットのレビューを詳しく紹介しています。当サイトでは他にも面白い記事を掲載していますので、今後ともひろログ!」をヨロシク!

スポンサーリンク

タミヤ1/24 メルセデスAMG GT3最新キットレビュー!

カーモデルの最新キット「タミヤ1/24 メルセデスAMG GT3」がタミヤから2017年11月11日に発売された。早速購入してみたので、今回はこのキットの内容について詳しく紹介してみようと思う。

メルセデスAMG GT3とはどんなマシン?

「メルセデスAMG GT3」とは市販車ベースのモンスターマシン、で日本の「SUPER GT」に参戦しているマシン。

「GT3」とは、FIA(国際自動車連盟)が規定するメーカー公式レーシングカーのカテゴリー。

メルセデスをはじめフェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニ、アウディ、など多くのライバルがひしめく中、2015年にデビューしヨーロッパ、アジアで展開する「ブランパンGTシリーズ」など、世界各地のスポーツカーレースで活躍中なのだ。

2016年から日本の「SUPER GT」にも参戦し、2017年は4台のマシンがエントリーしている。

ベース車両は、市販のスポーツカー「AMG GT」だが、カーボンファイバー製外装パネルに変更された軽量なボディに、大型リヤウイングやディフューザー、フロントスプリッターを装備。6.3リッターのV8自然吸気エンジンをフロントに搭載して後輪を駆動するFRで、サーキット専用モンスターマシンとしてチューンナップされている。

リアリティを追及するキットの注目点は?

○ボンネットや前後フェンダーにエアアウトレットが開けられた、ロングノーズ・ショートデッキのグラマラスなフォルムをタミヤならではの成型技術でリアルに再現され、足まわりや室内も立体感抜群に忠実に再現されている。

○ボディのイエローのストライプやAMGロゴなどはスライドマークで再現され、ボンネット上のエアインテーク内に見える冷却用ラジエーターもリアルに再現されている。

○ロールケージで囲まれたコクピットにはバスケットシートやステアリングなど、レーシングマシン独特の装備を忠実に再現。

○フロントグリルと前後ライト内部のリフレクターはメッキパーツで再現。エアインテークにはナイロンメッシュが使用されリアルな仕上がりを見せ、ヘッドライトなども実車同様忠実に再現。

○巨大なリアウイングやフロントスプリッター、カナードなどにはカーボン調スライドマークでリアルに再現。

○フェンダー上部のスリットやブレーキディスク周りなど、シャープな完成度もいつもながら秀逸!ホイールのセンターロックナットは別パーツで再現されている。 

○スライドマーク、ウインドウマスクシール、ミラー面やエンブレムなどのインレットマークなども付属。

●キット完成品サイズ:全長:198㎜、全幅:87㎜、全高:71㎜(アンテナ含む)

●キット価格(定価):4,644円(税込み)

スポンサーリンク

キットの中身紹介!

箱を開けてみると、中はこんな感じでパーツがギッシリ詰まっている。タミヤキットの底側の箱はいつからかダンボール素材に変わったの?

ボディパーツ:

このキットのボディ色はグレーだ。スリットの再現、ドアやボンネットなどの深いモールドはさすがタミヤといったところ。造形も素晴らしい。

このマシンの特徴は、ボディ色が光沢仕上げではなくブライトガンメタル(明るめのガンメタ)のセミグロス(半光沢)仕上げなので、塗装とデカールの仕上げがポイントとなりそうだ。

Aパーツ:

主にボディの付帯部品やロールケージのパーツだ。バンパーの成型も素晴らしい。

B・Fパーツ:

Bパーツは主にシャーシ周りのパーツ。右側にあるホイールなどがFパーツとなる。

Cパーツ:

主に足回りやコクピット内部周辺のパーツとなる。造形も細かくよく出来ている。

Dパーツ:

ウインドウガラスやライトのレンズなどのクリアパーツ。

近年のタミヤ製キットは、クリアパーツを汚さず接着しやすいように隠れる場所に接着面を設けているところにいつも関心する。

E・Gパーツ:

グリルやライト周辺のメッキパーツだ。

取説・タイヤ・デカールなど:

取説、タイヤ、デカール、ウインドウマスクシール、メッシュ、インレットマークなど。

タミヤ製ウインドウマスクシールは輪郭に合わせてカットされているので、ハサミなどでカットする必要がないのが良い。メッシュは取説に付いている型紙に合わせてカットが必要。

インレットマークはエンブレムやミラー面に使用。とてもリアルに仕上がるので、ありがたいパーツだ。

↓タミヤ製の最新カーモデルキットなので超おすすめ!購入して作ってみよう!

タミヤ1/24 メルセデスAMG GT3最新キットレビュー!の記事まとめ:

タミヤの1/24スポーツカーシリーズの最新キット、「メルセデスAMG GT3」を紹介させて頂いたが、いかがだっただろうか?

いつもながら複雑すぎない組立やすいパーツ構成で、かつリアルに仕上がるタミヤの技術が光るキットだと感じた。近年販売されるキットには、エンブレムやミラーなどに「インレットマーク」がほぼ付属しているので、作品のリアリティに大きく貢献している。

一点だけ、「カルトグラフ」社製スライドマークをなぜボディだけでも付属させてくれないのか気になるところだ。タミヤ製スライドマークもよく出来ているが、貼るときの耐久性やキット保管時の劣化しにくさは「カルトグラフ」社製が断然上だからだ。

タミヤのレース系バイクモデルに付属されているだけに少し残念ではある。私のようにキットを長く保管しておく事が多い方は、特に今後の新キットには「カルトグラフ」社製スライドマークを付属させてほしいと切に願う。

プラモデル・模型製作をこれから始める方はこちらの記事を見て欲しい!

★プラモデルや模型製作の魅力について、とりあえずいっぱい語ってみた!

⇒プラモデルの魅力を本気で語ってみる! 

★まずは、プラモデルや模型製作に必要な道具類を揃えよう!

⇒プラモデル初心者が製作にそろえたい最低限必要な道具は?

★プラモデルのクオリティはパーツの下地処理が命!

⇒プラモデル製作用ヤスリ、サンドペーパーの種類と上手な使い方!

★プラモデル・模型製作の能率は、作業環境の良し悪しで決まる!

⇒プラモデルの製作スペースの作り方! 

プラモデルや模型を塗装するならこちらの記事がおすすめ!

★プラモデル・模型の完成度を向上させる塗装をエアブラシで!

⇒プラモデル塗装に最適なハンドピースの選び方は?

★エアブラシ塗装に必要なのは、ハンドピースとこちら!

⇒エアブラシ塗装用コンプレッサー選びのポイントとおすすめは?

★室内でエアブラシ塗装を快適にするには絶対必須!

⇒塗装ブースおすすめ!エアブラシ塗装用ならこれを買え! 

★塗装するパーツをはさむペインティングクリップおすすめはこちら!

⇒プラモデルの塗装に必須!ペインティングクリップの自作方法は?

★仕上げ塗装前の下地塗装におすすめの記事はこちら!

⇒プラモデルや模型に塗装するサーフェイサーの効果と役割とは?

★塗装したパーツを効果的に乾燥して、作業の効率化を!

⇒Mr.ドライブースに代わる代用品ならコイツがおすすめ! 

プラモデルのジャンルに関する記事はこちらで!

⇒プラモデルの種類はこれだけある!!ハマってみる価値はあるぞ!

★タミヤ本社と静岡ホビースクエアを見学した内容を詳しく紹介。ホビー好きなら一度は行ってみよう!

⇒タミヤ本社と静岡ホビースクエアは絶対行くべき!その魅力とは!? 

スポンサーリンク