マクラーレンから驚愕の限定モデル登場!「MSO X」とは!?

シェアする

サイト(記事)の管理人の「ひろろん」です。

このページでは、マクラーレンが公道走行可能なレースカー「MSO X」を発表した!そのマシンとはどんなクルマなのか紹介しています。

また当サイトでは、キャンピングカーを中心に他にも面白い記事をたくさん掲載していますので、今後とも「ひろログ!」をヨロシク!

スポンサーリンク

マクラーレンから驚愕の限定モデル登場!「MSO X」とは!?

マクラーレン「MSO X」とは、マクラーレンのカスタム部門である『マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ』が発表した、同社の570S GT4のデザインをまとった限定車だ。

『マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ』は、金に糸目を付けない顧客の特別注文に応える部門として有名だ。

なんと10台限定販売!!

…当然ながらすでに完売している。

「MSO」は、マクラーレン・スペシャル・オペレーションの略。MSO Xの「X」は、10台限定なので「10(テン)」の意味ではないだろうか?

この「MSO X」の10台は、それぞれ1990年代にル・マン24時間レースで活躍した「マクラーレン F1 GTR」からインスパイアされたカラーリングをまとっている。

つまり、限定10台すべてカラーリングが違う。という事は、世界に1台しかないカラーリングなのだ!

公道を走れるレースカー!

外装の主な仕様:

マクラーレンは、570S GT4をベースに様々な改良を加えている。

・車体後部に100kgのダウンフォースを与えるリア・ウイング

・空気の流入を増大させるルーフ・シュノーケル

・フロント・フードに開けられた発揮するエアインテーク

・車両前部の安定性を高めるダイブプレーンをフロントに追加。

・MSO チタニウム・スーパースポーツ・エキゾースト

・ピレリ製「P-Zero Corsa」タイヤ装着

・ルーフ、フード、サイド・スカート、エンジン・カバー、前後バンパー、リア・ディフューザーは全てカーボンファイバー製

内装の主な仕様:

・ステアリングホイール、インストゥルメント・クラスター、センターコンソールにカーボンファイバー製

・カーボンシェルのバケット・シート

・6点式レーシング・ハーネス装備(公道走行用に標準の3点式シートベルトも装備)

・シート背後のカーボンファイバー製バルクヘッドにヘルメットを置けるスペースが用意

・消火器装備

・「マクラーレン・トラック・テレメタリー」で、サーキット走行中にカメラで撮影した映像を後で見ることが可能。

スポンサーリンク

気になる価格は?

残念ながら、マクラーレンからは価格は公表されていない。しかし、2017年12月に発表した新型ハイパーカー「セナ」は、500台限定で価格は75万ポンド(日本円にして約1億1400万円!)なのだ!

ということは、わずか10台限定のマクラーレン「MSO X」は当然これ以上になると予想される!希少価値の高いこのマシンは、おそらく2億円以上はするのではないか!?

ただ、レース用マシンとなると、開発から走行までにかかる費用は数億円にのぼることを考えると、公道を走れるレースカーとしては2億円くらいしても珍しくはないだろう。

マクラーレンから驚愕の限定モデル登場!「MSO X」とは!?の記事まとめ:

「マクラーレンMSO X」の最新情報、いかがだっただろうか?

おそらく、今後日本国内で公道を走るマクラーレン「MSO X」をお目にかかれる事はほぼないだろう。なにせ世界中に10台しかないクルマなのだから。

どんな人たちが乗るのかは想像つかないが、おそらくセレブが集まるモナコ辺りで見られるかもしれない…。

ともあれ、10台すべてのカラーリングを見てみたい。

当サイトでは、キャンピングカーやおすすめ情報なども掲載中!

⇒「ひろログ!」トップページはこちら!

⇒「キャンピングカー」情報一覧ページはこちら!

⇒「おすすめ」情報一覧ページはこちら!

「観光地&レジャー情報」一覧ページはこちら!

キャンプ場」情報一覧ページはこちら!

⇒プラモデル関連一覧ページはこちら!

スポンサーリンク