ホンダ・モンキー125ccでの復活はある!?今後の動向に期待!

シェアする

当サイトの管理人「ひろろん」です。

このページでは、50ccでの販売が終了したホンダ・モンキーが125ccで復活するかも!?という情報について紹介しています。当サイトでは他にもキャンピングカー関連を中心に様々な記事を掲載していますので、今後ともひろログ!」をヨロシク!

スポンサーリンク

ホンダ・モンキー125ccでの復活はある!?今後の動向に期待!

惜しまれつつ2017年8月に生産が終了した50cc原付バイクの「ホンダ・モンキー」。

ホンダは2017年10月25日より開催された東京モーターショーの報道公開で、参考出展車としてなんと「モンキー125」を披露した。その名の通り原付ではなく125ccなのだ!

このモデルは50ccのモンキーの後継車の位置づけで、ホンダサイドとしては来場者の反応をみながら生産を検討するということなので、今後の動向に期待したところだ。

モンキー125でどう変わった?

排ガス規制の強化を理由に生産が終了した50ccモンキーとどう変わるのか?

もちろん排気量が上がるので、エンジンサイズも大きくなる。ならスタイルも変わってしまうのか?

モンキーの魅力は、他の50cc原付バイクと比べても小さく愛らしいスタイルが売り。

そのスタイルはなるべくなら崩して欲しくない。

参考出展されたモンキーは、同じく125ccの「ホンダ・グロム」をベースにし車体は一回り大きくなったが、画像をみて判るとおりモンキーらしいスタイルは踏襲しているようだ。

良かった(^^♪

スタイルでは、背が高くみえる車体の縦横のバランスや、車体の一番上にあるように見える大きめのシートの配置はモンキーから継承されており、エンジン排気量アップに伴い足回りでは倒立サスペンションを採用。またブレーキも前後ディスクブレーキを採用し性能アップが図られている。

全体に一回り大きくなったせいか、全長が長くなったというか、スタイルのバランスが少々オトナっぽくなった気がする。手足が伸びたというか…。

タイヤではホイールが8インチから12インチへインチアップされているので、50ccモンキーと比べると愛らしいイメージが若干損なわれているような気がする。性能的に必要ないかもしれないが、もっとタイヤを太くすれば50ccモンキーのスタイルに近づくかも。

50ccモンキーが「幼児」だとすると、125ccモンキーがちょっとお兄ちゃんになった小学生くらいといったところか。

市販化される可能性と販売時期は?

前述で紹介させて頂いたとおり、モンキー125のベース車両は「グロム」

エンジンもグロムもモノを使用される可能性が高い。リアサスペンションでは、グロムのシングルショックに対してモンキー125ではツインショック採用。グロムの主要パーツを流用しつつ、モンキーのスタイルの基本となるフレームはもちろん、タンク、シート、フェンダーなどの外装パーツを新規に採用されるだろう。

市販化に関しては、『来場者の反応をみながら生産を検討する』とのことなので、100%決定ではないものの、モンキーに興味のある方の中では良い反応が多いのは確か。市販化される可能性は高いだろう。

現在のところ全くの未定ではあるが、もし販売されるとしたら販売時期は2018年以降と予想される。早ければ2018年春~夏頃。遅くても2018年秋~2019年春までには販売されるかもしれない。

(そう期待したい。)

↓モンキー125のベース車両となっている「ホンダ・グロム」

スポンサーリンク

販売価格はいくらになる?

50ccモンキーの受注は終了しているが、新車での販売価格は一番安いモデルでも336,960円(税込み)する。クロームメッキ仕上げの50周年スペシャルモデルともなると、なんと432,000円(税込み)もするのだ!

もちろん販売自体終了しており台数限定なので、プレミア価格となっていることは否めないが、それにしても市販化されている50cc原付バイクから比べてもかなり高めの価格設定だ。

ホンダの50cc原付スクーターの「タクト」の新車販売価格は、165,240円(税込み)なので、50ccモンキーの価格は2倍以上なのだ!

ちなみにモンキー125のベースとなっている「グロム」は351,000円(税込み)なので、「モンキー125」を販売するとすれば、価格はグロム同等かそれ以上になりそうだ。したがって、

価格設定予想:350,000円~400,000円(税込み)

程度になるかと予想しておこう。

↓期間あとわずか!!欲しい方は急げ~!

50ccホンダ・モンキーの魅力ならこちらの記事がおすすめ!

⇒ホンダモンキーの魅力!50周年の最後を飾る1台は!?

⇒モンキーリミテッド|歴代限定モデルはこれだけあった! 

↓これおすすめ!ペーパークラフトモンキー!

ホンダ・モンキー125ccでの復活はある!?今後の動向に期待!の記事まとめ:

125ccでパワーアップして復活が期待される「ホンダ・モンキー125」情報、いかがだっただろうか?

私自身も現在50ccモンキーを所有しているが、50ccモンキーは原付バイクなので、速度制限も30km/hで当然高速道路も走れない。チューンナップのベース車両としては持ってこいではあるが、燃費は良くてもパワー不足は否めない。

しかし125ccとなることでモンキーのスタイルはそのままで、一回り大きくなった「お兄ちゃんモンキー」で街中を軽快に駆け抜けれそうだ!

販売価格は気になるところだが、ぜひ125ccでバージョンアップした「ホンダ・モンキー」の復活を望みたい。

当サイトでは、他にもキャンピングカーやおすすめ情報なども掲載中!

⇒「ひろログ!」トップページはこちら!

⇒「キャンピングカー」情報一覧ページはこちら!

⇒「おすすめ」情報一覧ページはこちら!

「観光地&レジャー情報」一覧ページはこちら!

キャンプ場」情報一覧ページはこちら!

スポンサーリンク