シェアする

艦船モデルは達成感がハンパない!!その魅力を徹底解説!

当サイトの管理人「ひろろん」です。

このページでは、スケールモデルの中で作りがいのあるプラモデル「艦船モデル」について詳しく紹介しています。当サイトではプラモデル以外にキャンピングカー関連を中心に様々な記事を掲載していますので、今後ともひろログ!」をヨロシク!

スポンサーリンク

艦船モデルは達成感がハンパない!!その魅力を徹底解説!

スケールモデルの中でも、パーツの細かさと精密さで作りがいがあるのが「艦船モデル」。

精巧に再現された甲板のパネルラインのモールド、細部まで再現された艦橋、砲塔など、作り込むほどにリアルな作品に仕上げることが出来るのが特徴のカテゴリーだ。

そこで今回は、「艦船モデル」の魅力について詳しく紹介したいと思う。

艦船モデルの種類と販売メーカーは?

販売メーカーとスケールは他にもあるが、主要となっているモノを挙げてみよう。

艦船モデルは、大きく分けて完成形が2種類あるのが主な特徴で、船体の底やスクリューなど喫水面以下まで再現された「フルハルモデル」と、浮かんだ喫水面上部のみ再現されているタミヤ「ウォーターラインシリーズ」や、フジミ「シーウェイモデルシリーズ」に分類される。

↓画像上が「フルハルモデル」、下が「ウォーターライン」、「シーウェイモデル」シリーズ

タミヤ・フジミ・アオシマ・ハセガワなどが艦船モデルの代表的なメーカー。

1/700、1/500、1/350

などのスケールでラインナップされている。また、1/350スケールともなると、完成品になるととてもデカい!!

タミヤ:1/350 アメリカ海軍 原子力航空母艦 CVN-65 エンタープライズでは、

全長:1,005㎜、全幅:267㎜、全高:203㎜

もあるのだ!

タミヤ:1/350 日本海軍戦艦‘‘大和‘‘でも、

全長:752㎜、全幅:110㎜

もある!とにかくビッグスケール!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タミヤ プラモデル 1/350 日本海軍 戦艦 大和 プレミアム
価格:20850円(税込、送料無料) (2017/7/13時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タミヤ 12645 1/350 日本戦艦 大和 木製甲板シート(A6599)
価格:1500円(税込、送料別) (2017/7/13時点)

とにかく1/350スケールは『作りごたえ』のあるキットだが、いかんせん完成品を展示するスペースに困る。専用ディスプレイケースなどもオプション販売しているので、ケースに入れて玄関などに展示しても良いかもね。

ただ、コレクションとしてこのサイズを複数展示するのはそれなりの展示スペースが必要となる。

艦船モデルの人気とおすすめメーカーは?

コレクションとしてたくさんの作品をディスプレイしたいなら、1/700スケールの

タミヤ:ウォーターラインシリーズ

フジミ:シーウェイモデルシリーズ

が良いでしょう。

全長は1/350の約半分になるので、タミヤ:1/700 ウォーターラインシリーズ日本海軍戦艦‘‘大和‘‘では、全長:376㎜、全幅:55㎜程度なので、コレクションとしてはこのサイズがお手頃だ。

タミヤやアオシマ、ハセガワ製キットでは、キット自体古いものが多くパーツ数も少なめなので、「作りやすさ」で言えばおすすめだと思う。しかし、パーツ数が少ないという事はディテールも甘いので、作品の完成度を上げるにはオプションのディテールアップパーツやエッチングパーツが必要になってくる。

フジミ製「シーウェイモデル」では、1/700スケールでは「やりすぎ?」と思えるほどパーツが細かく多い。最初からキットにエッチングパーツや、木製甲板などのディテールアップパーツが付属しているモノもあり、全体的に難易度は高めかもしれないが、その分完成度のクオリティは高くなる。

艦船モデルの製作初心者は、タミヤ・ハセガワ、中級~上級者はフジミ。と言ったところか。

スポンサーリンク

艦船モデル製作の醍醐味とは?

キットのまま製作しても、塗装することでそこそこの仕上がりにはなるが、上級者になると各メーカーからリリースされているエッチングパーツ、金属製砲身、木製甲板シートなどを駆使してディテールアップをすることで、飛躍的に完成度は上がる。

特にプラスチックパーツでは再現が困難な部分を、精密なディテールに変更できるエッチングパーツを使用するだけでも再現度は向上する。ただ、エッチングパーツは細かいうえにピンセットを使って折り曲げなくてはならないし、接着面積も小さいのでかなりの製作技術と時間を要する作業となる。

しかし、ひとたび組み上げて塗装を施せば完成後の達成感もひとしおだ!

これぞ艦船モデルの製作の醍醐味である。

艦船モデルは達成感がハンパない!!その魅力を徹底解説!の記事まとめ:

艦船モデルの魅力について紹介してみたが、皆さんに伝わっただろうか?

艦船モデルはとにかく細かなパーツが多いので作りごたえはあるが、初心者にはツラい作業になるかもしれない。ただ完成後のディスプレイした状態を見ると、その苦労が完成度に反映されてくるので、ぜひ一度チャレンジしてみてほしい!

こっちの記事も読んでみ!

プラモデルの種類はこれだけある!!ハマってみる価値はあるぞ!

プラモデルの魅力を本気で語ってみる!

プラモデルの製作スペースの作り方!

プラモデル初心者が製作にそろえたい最低限必要な道具は?

スポンサーリンク

プラモ以外の記事もヨロシク!

ひろログ!」トップページはこちら!

「キャンピングカー」情報一覧ページはこちら!

「おすすめ」情報一覧ページはこちら!

「観光地&レジャー情報」一覧ページはこちら!

キャンプ場」情報一覧ページはこちら!