Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

白川郷|冬旅行に一度は行きたい!おとぎ話のような景観に感動!

このページをご覧頂き、ありがとうございます。
サイト(記事)の管理人の「ひろろん」ですヽ(^o^)丿

このページでは世界遺産である冬の絶景スポット「白川郷」をご紹介しています。

皆さんに絶景スポットや素晴らしい景観のおすすめ観光地などを紹介していきたいと思っていますので、今後ともどうぞよろしくです!

スポンサーリンク

白川郷|冬旅行に一度は行きたい!おとぎ話のような景観に感動!

世界遺産の絶景!「飛騨白川郷」

一生に一度は見ておきたい冬の絶景スポットとして世界遺産に登録されています、岐阜県大野郡白川村の「飛騨白川郷」をご紹介します。

白川郷は、岐阜県北西部に位置する山々に囲まれた農山村です。

岐阜県の約3%の面積の約96%は山林が占めており、この自然を活かした白山国立公園や天生県立自然公園などがあります。

合掌造り集落がある地域は、積雪2mから多いときには3mにもなる、日本有数の豪雪地帯なので、冬季には交通を遮断してしまうことが多く冬の観光は不可能で、かつての秘境と言われてきました。

現在では、1995年に『白川郷合掌造り集落』として世界遺産に登録されてから、白川郷の人気は更に上がり、国内外から毎年130万人以上もの観光客が白川郷を訪れています。

また、外国人観光客からも人気の高いスポットとなっています。

白川郷の場所はここ!こちらをクリック!

城山展望台からの眺めも絶景!

世界遺産の白川郷をまさに代表するのが「合掌造り」の民家です。集落から徒歩20~25分で行ける「城山展望台」からは、この合掌造り集落が一望できます。

豪雪地帯である冬の白川郷では、年に6日間だけライトアップされる貴重な期間があり、とても幻想的な光景を魅せてくれます。一つ一つライトアップで照らされた建物は素晴らしく幻想的で、都会のイルミネーションとは一味違った雪明りを楽しむことができます。

注意!:ライトアップ期間中は見学を許可されたバスしか現地に入ることができません。

スポンサーリンク

白川郷へはどうやって行くの?交通アクセスは?

○自動車の場合:

東海北陸自動車道、白川郷ICからすぐ。名古屋市から約2時間15分、岐阜市から約2時間、高岡市から約50分、富山市から約1時間15分。

国道156号で岐阜市から約3時間、高岡市から約2時間。

白山白川郷ホワイトロード(旧白山スーパー林道)の岐阜県側の入口付近。

○路線バスの場合:

高山濃飛バスセンターより、濃飛乗合自動車(濃飛バス)・北陸鉄道・富山地方鉄道が1日に14往復運行。(下記の下呂・富山・金沢発着便を含む)

下呂バスセンターより、高山経由で濃飛バスが1日に1往復運行。

富山駅前より、富山地方鉄道・濃飛バスが1日に3.5往復運行。

金沢駅前より、北陸鉄道・濃飛バスが1日に8往復運行。

名鉄バスセンター(名古屋駅)・岐阜駅より岐阜バス「高速白川郷線」が1日に1往復。※冬期は土日祝のみ運行

名古屋~高岡線も高岡行きも始発の1便のみ白川郷に停車。(降車専用)

城端駅より加越能バスが1日に6往復運行。(下記の高岡始発便を含む)

高岡駅より、新高岡駅・城端駅経由で加越能バスが1日に5往復運行。

雪の白川郷の見ごろは?

雪景色の見ごろは、例年では1月中旬~3月上旬頃までですが、この期間は積雪量も多く交通アクセスが主に路線バスか自家用車なので、特に注意が必要です。

天気情報や積雪・除雪状況の確認をしてからお出かけになった方が良いです。

ご旅行を検討されている方はこちらがおすすめ!

○白川郷の雰囲気にピッタリ!

○ゆっくり楽しめる温泉宿!

白川郷見物時の注意事項は?

○合掌造りは大変火に弱い建物ですのでくわえタバコは厳禁です。

タバコのポイ捨て、歩きながらの喫煙は厳禁です。

○集落内はすべて私有地です。家屋や庭先への立ち入りは厳禁です。

○集落内は保存地区のため、道路や水路に柵がないので通行には十分注意が必要です。

○集落内にはゴミ箱は設置されていません。各自持ち帰りが原則です。

防寒や安全対策は充分に!

冬の白川郷はとにかく寒いです!防寒対策はしっかりしておきましょう!

○防寒着やコート類:には、『防水・防風・防寒機能』が備わっていればベスト。

○靴は登山靴のような足裏に深溝がある滑りにくい靴や防寒防水長靴がベスト。

※こんな靴は止めましょう!:ヒール、サンダル、溝が無い靴など。

○傘は転倒時に手が使えないので危険です。カッパやポンチョ等の上着を準備しましょう。

○懐中電灯:場所により肉眼では足元が暗い場所もございますので1人1個持参しましょう。

○その他あると便利なもの:使い捨てカイロ・防寒手袋・防寒帽子・耳あてなど。

白川郷|冬旅行に一度は行きたい!おとぎ話のような景観に感動!のまとめ:

冬の白川郷、いかがでしたでしょうか?

一面の田畑に囲まれた小さな集落の風景や、雪に包まれライトアップされた合掌造りの民家など、世界遺産に登録されている雪の白川郷は必見ですよね!

でも実は秋の紅葉も素晴らしく、一見の価値ありの場所なんです。

一生に一度は見ておきたい絶景スポットですので、機会があれば一度観光に行かれてはいかが?

当サイトでは、キャンピングカー情報やおすすめ観光地、イベント情報などが満載です!

良かったら立ち寄って下さいねヽ(^o^)丿

「ひろログ!」トップページはこちら!

「ひろログ!」では、他にもおすすめの冬の絶景スポットも紹介しています。

○こちらの記事では、冬旅行にぜひ一度は行って頂きたい全国の厳選した絶景スポットをご紹介しています。ご参考にどうぞ!

👉冬旅行お勧めの絶景スポット全国厳選13選!まとめ

スポンサーリンク