北海道の桜の名所、五稜郭公園の景観が秀逸!桜の見ごろは!?

シェアする

このページをご覧頂き、ありがとうございます。
当サイトの管理人「ひろろん」です。

このページでは、日本有数のお花見の名所、北海道 函館市の「五稜郭公園」の桜について詳しく紹介しています。

また、当サイトの関連記事などもご紹介していますので、各記事の画像の下の「👉」以降の記事タイトルをクリックして頂けると、詳しい内容をご覧頂けます。

全国のおすすめお花見スポットなど、春の観光名所をたくさん紹介していきたいと思っていますので、今後ともどうぞヨロシクです!

スポンサーリンク

北海道の桜の名所、五稜郭公園の景観が秀逸!桜の見ごろは!?

春になり陽気が暖かくなってくると、いよいよお花見の季節到来ですね!

全国各地にあるお花見の名所に大勢の人々が訪れます。

そこで今回は、北海道 函館市にあります特別史跡の「五稜郭(ごりょうかく)公園」の桜をご紹介したいと思います。

五稜郭の最大の魅力は、象徴である星形の城跡!

五稜郭公園は、徳川幕府が築造した日本最大の洋式城郭で、その五稜郭の象徴である星形の城跡が特徴の公園になっています。

函館戦争の舞台となった五稜郭跡には、ソメイヨシノを中心とした約1,600本の桜が植えられており城郭一面に咲き誇ります。正面から入園して一の橋を渡り切った右手の土手にある桜は日を遮るものが無いため、とても見栄えが良いと評判になっています。

開花時期終盤には堀の水面が花びらで覆い尽くされ、開花時期とまた一味違った趣を楽しむことが出来ます。また開花期間中の日没~21時(週末は22時頃)までライトアップがなされるので、夜桜鑑賞も楽しめます。

五稜郭を眼下に眺望できる観光施設の函館のランドマーク、「五稜郭タワー」の展望台からの眺めは秀逸で、夜の街並みとライトアップされた五稜郭公園の眺望が余すことなく楽しめます。

全国の開花予測2017年は?

さくら開花前線

北日本では10月は平年より気温が低く、11月は平年よりかなり低く、12月及び1月は平年並み、2月上旬から中旬にかけては平年より高めの気温でした。
開花時期は平年より早いか、かなり早いでしょう。

東日本・西日本では、10月及び12月は平年よりかなり気温が高く、1月は平年より高め、2月上旬から中旬にかけては寒暖の差はあったものの概ね平年並みでした。この先1ヶ月は、東日本・西日本ともに平年並みの気温が予想されています。

東日本・西日本では開花時期は概ね平年並みですが、関東甲信地方では平年より早くなるでしょう。一方、四国地方太平洋側や九州地方南部では秋から冬にかけて十分な寒さが無く休眠打破が大幅に遅れているため、開花時期も平年より遅くなる見込みです。

全国に先駆けて、東京で3月20日頃に開花がスタートする予想となっています。

※日本気象株式会社による開花予想より引用

スポンサーリンク

五稜郭公園の桜・詳細情報:

○名称:五稜郭公園(ごりょうかくこうえん)

○所在地:〒040-0001 北海道函館市五稜郭町44

👉地図はこちら!

○桜の見ごろ:4月下旬~5月上旬

○TEL:0138-21-3456(函館市役所 教育委員会生涯学習部 文化財課)

○駐車場:あり

○夜桜鑑賞:可(ライトアップ:19:00~21:00)

※土・日曜曜日、祝日は19:00~22:00

○売店:なし

○ビール販売:なし

○日本酒販売:なし

○公衆トイレ:あり

○開園/閉園時間:24時間

○休日:無休

○料金:無料

○桜祭り(イベント):なし

五稜郭公園までの交通アクセスは?

○公共交通機関の場合:

JR函館駅から市電で五稜郭公園前下車 徒歩15分

○車の場合:

函館江差自動車道函館ICから約15分

北海道の桜の名所、五稜郭公園の景観が秀逸!桜の見ごろは!?の記事まとめ:

北海道有数の桜の名所、「五稜郭公園」の桜情報いかがでしたでしょうか?

最大の特徴である星形の城跡は、「五稜郭タワー」の展望台から見下ろすのがおすすめ!こちらへ出かけられた際には、絶対ここは外せない絶景ポイントです!

またライトアップされた夜桜鑑賞も、ぜひこの展望台から見て頂きたいです。

周辺施設ではジンギスカン鍋を楽しむことが出来るので、桜鑑賞と食事の両方を充分に満喫出来る、北海道屈指の人気を誇るお花見スポットです。ぜひ一度出掛けられてみてはいかが?

全国の「地方別さくらの名所情報」はこちら!(随時更新中!)

👉全国の桜の名所2017!花見おすすめは!?地方別厳選まとめ!

当ブログでは、キャンピングカーやおすすめ観光地、イベント情報などが満載です。

良かったら立ち寄って下さいねヽ(^o^)丿

👉「ひろログ!」トップページはこちら!

👉「観光地&レジャー情報」一覧ページはこちら!

👉「キャンピングカー」一覧ページはこちら!

スポンサーリンク