Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

車の静音化をDIYで実現!NBOXカスタムJF1~フロア編~

スポンサーリンク
当サイトの管理人「ひろろん」です。

このページでは、私の愛車NBOXカスタムJF1のフロアの静音化(防音)施工について詳しく紹介しています。当サイトでは他にもキャンピングカー関連を中心に様々な記事を掲載していますので、今後ともひろログ!」をヨロシク!

車の静音化をDIYで実現!NBOXカスタムJF1~フロア編~

静音化計画の第四弾まで終了したNBOXカスタムJF1ですが、今回はフル静音化計画の第五弾!フロアの防音(遮音)施工をやってみたいと思います。

フロアの遮音施工には方法は色々あります。シートなどの付属品をすべて外してフロアマット下のパネル部(鉄板の部分)に直接制振材や防音材を施工していくヘビーな方法から、フロアマットのサイズに型取りした遮音材をマット下に敷き詰めるといった簡易的な方法まで様々です。

今回私は、フロアマットサイズに型取りした遮音材を敷き詰める簡易的な方法を選択しました。さすがにフロアパネルにまで手を出す労力に時間をかける勇気がなかったからです。

もし今回の施工で効果がなかった場合は、機会があればガッツリやってみたい気はありますが…。

私が前回までに紹介させて頂いたデッドニング施工についての記事はこちらをご覧ください。

まずは、デッドニングをよく知らない方へこの記事をどうぞ!

⇒音質向上に効果絶大なデッドニングとは?

私のクルマいじりのベース車、NBOXの記事はこちら!

⇒NBOXカスタムJF1最高の中古車を手に入れた!

リアスピーカーのデッドニング施工の記事はこちら!

⇒NBOXカスタムJF1リアスピーカーデッドニング施工!

フロントドアスピーカーのデッドニング施工の記事はこちら!

⇒NBOXカスタムJF1フロントドアスピーカーデッドニング施工!

リアスライドドアのデッドニング施工の記事はこちら!

⇒NBOXカスタムJF1スライドドアデッドニング施工!

スポンサーリンク

遮音材に使うのは「シャオンスター」!

今回使用した遮音材は、三菱ケミカルの「シャオンスター」です。

この「シャオンスター」は、優れた遮音効果を発揮する遮音シートで、外部からの音や室内で発生した音を漏らしにくいという性質があります。軟質シートなのでカッターナイフやハサミ等で切断が可能で、釘打ち・ガンタッカーなどで手軽に施工できます。

サイズは940㎜×10m×1.2㎜厚のシートで、画像の様にロール状に巻かれて販売されています。10mもの長さがあり重さはなんと約20kgあるので、かなりずっしりとしています。

元々が部屋の壁などの建築用の遮音シートなので10mの長さはありますが、安価で入手可能です。クルマの内装への施工には半分も使用しませんが、余りはまた他に使ってみようと思います。

まずはロール状のシャオンスターの黒い面(文字の書いていない方)上に適量広げ、NBOX用のフロアマット(フロント用)を上に敷きます。マジックでなぞって型を取る訳ですね。

型取りしてカットするとこんな感じになります。大きめのハサミで簡単にカット出来ましたよ。ちなみに画像上のフロアマットからはみ出ている部分は、車内の前方を出来るだけ遮音シートで覆いたかったので、わざと長めに残しています。車内に設置して状態を見ながらカットして調整します。

シャオンスターの黒い面を上にしたのは、フロアマットからはみ出た部分を車内で目立たなくするためです。

リアシート前方のフロアマットも同様に型取り!

リア用もフロントと同じ手順でカット。こちらもシート裏に隠れる部分を長めに残してカットしてます。

スポンサーリンク

今回使用したシャオンスターの購入はこちら!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三菱ケミカル シャオンスターE
価格:3942円(税込、送料別) (2018/9/22時点)

楽天で購入

フロアマット下以外にもシャオンスター施工!

この部品は、リアラゲッジ下のツールボックスのフタになっているカバー。この裏側にも「シャオンスター」を貼ってみたいと思います。

型取りをしてカットし、両面テープで固定しました。

ここまで出来たら、後はクルマのフロアマット下に型取りした遮音シートを敷き詰めるだけ。

簡単な作業で済むお手軽な方法でした。(画像無くてスミマセン…。)

気になるフロア下の静音化の効果は?

雨天時のタイヤからのロードノイズが小さくなったと体感出来るくらいの効果はありました。

晴天時(路面が乾いている状態)では、高い周波数帯の音質が小さくなった様に感じられますが、フロア一面に防音・遮音施工したワケではありませんので、隙間からの音の侵入は多かれ少なかれあるでしょうね。

劇的に遮音効果を出すためには、フロア全域に制振材からの施工をするべきでしょうね。

車の静音化をDIYで実現!NBOXカスタムJF1~フロア編~の記事まとめ:

NBOXカスタムJF1のフロアの防音の手順を紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

デッドニングや防音・遮音施工は基本的な理屈は同じですが、個々で施工材料や施工方法も違いがあるので、私が紹介した材料や手順がすべてではありません。使用する素材や方法によって、もっと効果的に防音・遮音出来る方法はたくさんあります。

自動車の防音・遮音では、部分的に施工しても劇的な効果は中々得られません。車体全体にデッドニングや防音・遮音施工を施すことで最終的には高級車なみの効果は体感できるので、もし興味がある方がおられましたら一度チャレンジしてみてはいかが?

↓シャオンスター以外にも遮音シートはあります!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

遮音シート GB03053E
価格:3250円(税込、送料別) (2018/9/22時点)

楽天で購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

防音シート 遮音シートサンダムCZ-12厚さ1.2mm 幅940mm 長さ10m
価格:5778円(税込、送料無料) (2018/9/22時点)

楽天で購入

スポンサーリンク

NBOXカスタム静音化計画で施工した他の部分の記事はこちら!

⇒車の静音化をDIYで実現!NBOXカスタムJF1~リアタイヤハウス編~

⇒車の静音化をDIYで実現!NBOXカスタムJF1~エンジンルーム編~

⇒車の静音化をDIYで実現!NBOXカスタムJF1~フロントフェンダー編~

⇒車の静音化をDIYで実現!NBOXカスタムJF1~リアゲート&ラゲッジ編~

スポンサーリンク

当サイトでは、他にもキャンピングカーやおすすめ情報なども掲載中!

⇒「ひろログ!」トップページはこちら!

⇒「キャンピングカー」情報一覧ページはこちら!

⇒「おすすめ」情報一覧ページはこちら!

「観光地&レジャー情報」一覧ページはこちら!

キャンプ場」情報一覧ページはこちら!

スポンサーリンク