Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

車の静音化をDIYで実現!NBOXカスタムJF1~リアタイヤハウス編~

スポンサーリンク
当サイトの管理人「ひろろん」です。

このページでは、私の愛車NBOXカスタムJF1のリアタイヤハウス周辺の静音化(防音)施工について詳しく紹介しています。当サイトでは他にもキャンピングカー関連を中心に様々な記事を掲載していますので、今後ともひろログ!」をヨロシク!

車の静音化をDIYで実現!NBOXカスタムJF1~リアタイヤハウス編~

NBOXカスタムJF1ですが、今後の目標であるフル静音化計画の第二弾として、今回はデッドニングが終了したリアタイヤハウス周辺の防音をやってみたいと思います。

ボンネットやエンジンルームの静音化施工についての記事はこちら!

⇒NBOXカスタムJF1静音化計画~エンジンルーム編~

今回静音化施工をするリアスピーカーのデッドニング施工の記事はこちら!

⇒NBOXカスタムJF1リアスピーカーデッドニング施工!

スポンサーリンク

リアタイヤハウス周辺の静音化手順①:制振材を貼り付ける

まずリアスピーカー部分の内張りを剥がし、前回までにデッドニングをしたパネル部分周辺に、制振材(レジェトレックス)を適当な大きさにカットし貼り付けていきます。

パネルをプラスチックヘラなどで軽く叩いてみて、軽い金属音がする部分を重点的に貼っていきます。制振材は密着していないと効果が得られないので、ヘラなどで充分に擦り付けて圧着しておく必要があります。

リアスピーカー部分の内張りの剥がし方は、上記で紹介したNBOXカスタムJF1リアスピーカーデッドニング施工!の記事をご参考にどうぞ!

下画像の様に、タイヤハウス周辺には特に入念に制振材を貼っておきました。

リアパネルライニングの余分なホールにも、制振材を貼り付けておきます。

↓レジェトレックス制振材の購入はこちら!

↓レジェトレックスより高性能の制振材「レアルシルト」はこちら!

スポンサーリンク

リアタイヤハウス周辺の静音化手順②:防音材を貼り付ける

制振材を貼り終えたら、防音材の「エプトシーラー」を切り出して貼っています。私はこの「エプトシーラー」をよく使います。この素材は防音性能が高く、軽量であるのが良いです。

ハサミで簡単にカットでき裏側が粘着シールになっているので、剥離紙を剥がすだけで簡単に貼り付けられ手軽に施工が可能です。

スピーカー上部のデッドニングしたサービスホール部分には内張りの干渉を防ぐため、エプトシーラーは貼っていません。ロードノイズ低減を狙っているので、タイヤハウス周辺は特に念入りに貼り付けました。

画像はありませんが、上記で制振材を貼り付けたリアパネルライニングにもエプトシーラーを貼っておきました。

↓重量をあまり増やしたくない部分の防音施工に最適!

スポンサーリンク

リアタイヤハウス周辺の静音化手順③:内張りの施工

内張りの裏側の振動しやすいスピーカー部分の周囲に「レジェトレックス」を貼っておきました。

下画像上部に約150㎜角にカットした「ゼトロ耐熱吸音シート」をはっておきます。この部分は、パネルにデッドニング出来ないシートベルト用のホールがあるので、この部分からスピーカーからの内圧が出ます。なので振動を抑制するために貼り付けてみました。

この時「ゼトロ耐熱吸音シート」の余りを使用したので、このサイズしか貼れませんでしたが、今後内張りの全面にエプトシーラーなどで防音施工をする予定です。

後は内張りを戻し今回の作業はこれで終了です。効果を確認してみて、今後の追加施工を検討したいと思います。

↓この部分に使用した吸音効果が高い耐熱シートです!

タイヤハウス周辺の静音化対策の効果は??

効果はもちろんありました!

デッドニングが終了した状態で約2週間程度運転していた時と比べて、明らかに運転席から耳に入るリヤタイヤからのロードノイズが低減されています。

数値計測していないので何㏈下がったとは言えませんが、それでも体感で判るレベルでした。リアタイヤからの「ゴー」という低周波ノイズが小さくなりました。内張りに防音(遮音)施工を追加すれば、もっと効果は実感できるでしょう。

スポンサーリンク

車の静音化をDIYで実現!NBOXカスタムJF1~リアタイヤハウス編~の記事まとめ:

NBOXカスタムJF1のタイヤハウス周辺の防音の手順を紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

デッドニングや防音・遮音施工は基本的な理屈は同じですが、個々で施工材料や施工方法も違いがあるので、私が紹介した材料や手順がすべてではありません。

自動車の防音・遮音では、部分的に施工しても劇的な効果は中々得られません。車体全体にデッドニングや防音・遮音施工を施すことで最終的には高級車なみの効果は体感できるので、もし興味がある方がおられましたら一度チャレンジしてみてはいかが?

私も今後、コツコツと車体全体に静音化計画を実行していきます!

NBOXカスタム静音化計画で施工した他の部分の記事はこちら!

⇒車の静音化をDIYで実現!NBOXカスタムJF1~エンジンルーム編~

⇒車の静音化をDIYで実現!NBOXカスタムJF1~リアゲート&ラゲッジ編~

⇒車の静音化をDIYで実現!NBOXカスタムJF1~フロントフェンダー編~

⇒車の静音化をDIYで実現!NBOXカスタムJF1~フロア編~

当サイトでは、他にもキャンピングカーやおすすめ情報なども掲載中!

⇒「ひろログ!」トップページはこちら!

⇒「キャンピングカー」情報一覧ページはこちら!

⇒「おすすめ」情報一覧ページはこちら!

「観光地&レジャー情報」一覧ページはこちら!

キャンプ場」情報一覧ページはこちら!

スポンサーリンク

コメント

  1. toberg より:

    ひろろん, thanks so much for the post.Much thanks again. Really Cool.