Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ソニーの面白いおもちゃ「toio(トイオ)」はヒットするか!?

このページをご覧頂き、ありがとうございます。
当サイトの管理人「ひろろん」です。

このページでは、SONY(ソニー)が提案した不思議な??面白いおもちゃ「toio(トイオ)」について紹介しています。

また、各記事の「👉」以降のタイトルをクリックして頂けると、当サイトの関連記事をご覧頂けますので、今後とも「ひろログ!」をよろしくお願いします。

スポンサーリンク

ソニーの面白いおもちゃ「toio(トイオ)」はヒットするか!?

日本が誇る電子機器メーカー「SONY(ソニー)」が、2017年6月1日に「東京おもちゃショー2017」にて、‘‘体験型トイ・プラットフォーム「toio(トイオ)」‘‘を発表しました。

今まで「SONY」と言えば、PS3(プレイステーション3)やPS4(プレイステーション4)、PSP(プレイステーションポータブル)などゲーム機が主流でしたが、今度提案されたモノは手に取って遊べる『体感型おもちゃ』なんです。

そこで今回は、その気になる「toio(トイオ)」とはどんなものか、また今後ヒットする商品となっていくのかを調べてみたいと思います。

👉「ひろログ!」TOPへ

「toio(トイオ)」とは?

「toio(トイオ)」は、子どもたち自らの創意工夫によっておもちゃで遊ぶ楽しさが広がる、‘‘体感型のトイ・プラットフォーム‘‘です。

様々な遊びやゲームなどのコンテンツが入った別売りの「toio(トイオ)」対応タイトルと組み合わせることで、直接おもちゃを触りながら操作し、アクションゲームやパズルゲーム、対戦型バトルやスポーツなど、動きのある工作などの遊びを楽しむことができる新たな‘‘プラットフォーム‘‘です。

「toio(トイオ)」の遊び方や楽しみ方は、子どものアイデア、創意工夫によって大きく広がる可能性を秘めています。子どもたちが手を動かしながら、さらに新しい遊びを自由に生み出せるのが良いですね!

今後は、バンダイやREGOなどのパートナー企業をはじめとする、ソニー以外の様々なメーカーからも「toio(トイオ)」で遊ぶためのゲームや工作キットなどが続々と発売されることが期待されます。

👇toioコンセプトムービーはこちら!

👇ソニーブースでのtoio説明動画はこちら!

「toio(トイオ)」の製品構成は?

「toio(トイオ)」は、

●「toio コンソール」本体:

【toioの心臓部となる本体です】

●「toio コア キューブ」×2台:

【高性能モーター内蔵により自由に動き回ることが可能なモジュールです】

●「toio リング」×2台:

【2個のキューブの動きを手の動作で制御するコントローラーです】

以上の部品により構成されてます。

また別売りの「toio(トイオ)」対応タイトルは、ゲームや遊びのシナリオやルール、音声などのデータが格納されたカートリッジと、各タイトル専用でキューブを載せて遊ぶためのマットやカード、本、そしてキューブの上に乗せて遊べるキャラクターフィギュアや工作物などで構成されます。

スポンサーリンク

👉「ひろログ!」TOPへ

「toio(トイオ)」の遊び方動画はこちら!

お得な初回限定の先行予約分は即日完売!

2017年6月1日に、お得な初回限定の「全部セット(税込2万5855円)」と「基本セット(税込2万1557円)」で先行予約が開始されました。

なんとこの先行予約分、即日完売してしまったそうです!

なお正式発売日は12月1日で「toio(トイオ)」単体での価格は2万円前後となる予定です。

「toio(トイオ)」はヒット商品となるか?

「東京おもちゃショー2017」のソニーブースでのデモンストレーションや、動画などを見るかぎり、

「これは面白い!!」

と、先行予約分が即日完売となるのもうなずけますね!

現代社会において、様々なおもちゃやゲームなどが多種多様にある時代。面白くないもの、すぐ飽きてしまうものは容赦なく淘汰されてしまいます。

今後期待したいのは、いかに「toio(トイオ)」で長く遊べる面白いソフト供給ができるか。ということにかかってくると思います。

この‘‘体感型トイ・プラットフォーム‘‘は、とても素晴らしい技術だと思いますので、長く遊べるハードとしてヒットして欲しいですね。

ソニーの面白いおもちゃ「toio(トイオ)」はヒットするか!?の記事まとめ:

ソニーが提案した面白いおもちゃ「toio(トイオ)」ですが、いかがでしたでしょうか?

画面の中だけの世界が広がるゲーム機が多いなか、子どもたちが手に取ってアイデアで楽しみ方が変わるという発想が良いですね。初回限定版の先行予約分は早々と完売となってしまったのがすごく残念ですが、子どもの遊び方としては親が望むカタチに近いと思いますので、色々なソフトがたくさん出て欲しいですね。

当サイトでは、キャンピングカーやおすすめ情報など、他にも楽しい記事が満載です。

良かったら立ち寄って下さいねヽ(^o^)丿

👉「ひろログ!」トップページはこちら!

👉「キャンピングカー」情報一覧ページはこちら!

👉「おすすめ」情報一覧ページはこちら!

👉「観光地&レジャー情報」一覧ページはこちら!

👉「キャンプ場」情報一覧ページはこちら!

スポンサーリンク