熊本黒川温泉|「湯あかり」の温かい灯り。熊本冬の風物詩に感動!

シェアする

サイト(記事)の管理人の「ひろろん」です。

このページでは、熊本県阿蘇で人気が高い、黒川温泉の冬の風物詩で有名な「湯あかり」をご紹介しています。

当サイトでは他にも面白い記事を掲載していますので、今後ともひろログ!」をヨロシク!

スポンサーリンク

熊本黒川温泉|「湯あかり」の温かい灯り。熊本冬の風物詩に感動!

熊本県阿蘇の黒川温泉は年間を通じて人気の高い温泉ですが、標高700メートルの高原で開催される冬季限定イベントが「湯あかり」です。

今回は、熊本県を代表するこちらのイベントをご紹介したいと思います。

「湯あかり」は竹細工から照らす、あたたかい灯りが魅力!

黒川温泉の「湯あかり」は、竹筒や竹細工をライトで照らす冬季限定のイルミネーションイベントで、LEDや電球を大量に使用するイルミネーションとはひと味違い、あたたかい幻想的な灯りに包まれます。

冬の寒い中ですが大勢の方が見物に来ていて、黒川温泉の「冬の風物詩」としても有名です。

☆時期によってはこんな雪景色が見れることも…。

黒川温泉「湯あかり」を楽しめるロケーションのおすすめは?

メイン会場は、温泉街中央の『丸鈴橋』の上が絶好の観覧場所になります。ちょうど上の画像の右奥にある橋ですね。写真の多くはこの場所で撮影されている事が多いです。「穴湯共同浴場」の前辺りで、この『丸鈴橋』を渡ると旅館の「ふじ屋」さんがあります。

⇒丸鈴橋の場所(地図)はこちら!

メイン会場の『丸鈴橋』周辺以外にもサブ会場が温泉街に数か所あり、メイン会場への往復路に見られるような配置になっています。

スポンサーリンク

「湯あかり」見物後は『湯めぐり』、『酒めぐり』が楽しめる!

「湯あかり」見物後には、黒川温泉名物の「入湯手形」での露天風呂めぐりがおすすめ!

また、お酒の飲み歩きができる「黒川かっぽ」もおすすめです。お酒の「かっぽ手形」を購入すると手形と専用の竹コップが貰えます。これを片手に温泉街を3ヶ所までお酒の飲み歩きが楽しめるんです。

「冬の夜の外出で冷えた体を早く温めたい!」…。そんな方におすすめなのが、『丸鈴橋』の近くの「ふじ屋」、「御客屋」、「いこい旅館」です。

黒川温泉は素晴らしい宿ばかりで、もちろん私個人の好みではありますが、その中でもこの3つの各旅館がおすすめなんです!

○ふじ屋:

旬の素材を活かした創作料理と、素晴らしい温泉、和の温もりのある宿です。

湯あかりのメイン会場である『丸鈴橋』に一番近い旅館で、温泉街を散策するのにも便利な場所です。

⇒ふじ屋のホームページはこちら!

○歴史の宿 御客屋(おんきゃくや):

江戸末期から創業約300年の純和風の歴史のある旅館です。

熊本・阿蘇の素材を生かした会席料理が魅力!

⇒御客屋のホームページはこちら!

○いこい旅館:

黒川温泉で唯一「日本の名湯秘湯百選」に選定された旅館です。

13種類のお風呂で館内で湯めぐりが出来ます。

日帰り入浴や温泉手形も利用可能です。

⇒いこい旅館のホームページはこちら!

黒川温泉「雪あかり」基本情報:

○開催期間:2017年12月22日(金)~2018年4月1日(日)

○開催場所:黒川温泉・川端通り

○住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺周辺

○開催時間:日没~22時まで

○問い合わせ:黒川温泉観光旅館協同組合

○TEL:0967-44-0076

⇒黒川温泉観光旅館協同組合公式ホームページはこちら!

黒川温泉へのアクセスは?

黒川温泉は九州の北部中心くらいの山間部である為、公共交通機関ではアクセスが悪いです。自動車(マイカー、レンタカー)で行かれることをおすすめします。

⇒黒川温泉付近の地図はこちら!

※黒川温泉観光旅館協同組合公式ホームページより引用

熊本黒川温泉|「湯あかり」の温かい灯り。熊本冬の風物詩に感動!の記事まとめ:

各地で開催されている冬のイルミネーションですが、一般的なイルミネーションとは違い、竹筒や竹細工を使ってライトアップされるところが幻想的で良いですね!灯りの色も暖色であるオレンジ系なので、近年使用される事の多いブルーLED系の色に比べて、とても温かい雰囲気に酔いしれる事が出来ます。

また「黒川かっぽ」でお酒を頂き、ホントに酔っちゃいますもんね!

心も体もあたたまる…。そんなおすすめの観光地だと思います!

「ひろログ!」では、他にもおすすめの冬の絶景スポットも紹介しています。

○こちらの記事では、冬旅行にぜひ一度は行って頂きたい全国の厳選した絶景スポットをご紹介しています。ご参考にどうぞ!

⇒冬旅行お勧めの絶景スポット全国厳選13選!まとめ

スポンサーリンク