Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

童友社1/700タイタニック号のLED電飾キットに注目!

当サイトの管理人「ひろろん」です。

このページでは、2017年12月に童友社から発売されたLED電飾キット「1/700 R.M.Sタイタニック」のキットについて詳しく紹介しています。当サイトでは他にも面白い記事を掲載していますので、今後ともひろログ!」をヨロシク!

スポンサーリンク

童友社1/700タイタニック号のLED電飾キットに注目!

2017年12月に童友社から「凄!プラ」シリーズの第21弾、「1/700R.M.Sタイタニック」のプラモデルキットが発売された。

このキットは、「凄!プラ」シリーズの中で船舶としては初めてのキットで、LED電飾パーツ付きで船内を光らせることが可能なキットなのだ!

そこで今回は、このキットの内容などを詳しく紹介してみたいと思う。

童友社の「凄!プラ」シリーズとは?

お城のプラモデルで有名な「童友社」から発売されている「凄!(スゴッ)プラモデル」シリーズとは、『接着剤不要、塗装しなくてもリアルな完成度』を売りにしているキットのシリーズだ。

※この「1/700R.M.Sタイタニック」の組立てには、接着剤は必要です。

パーツごとに細かく成型色が分かれており、リアルで繊細なモールドが施されているキットで、デカールやシールなどのマーキングを施すことで完成度を上げるという手法。

現在、1/72戦闘機が多くラインナップされており、F/A-18F スーパーホーネット VFA-103や、F-4JファントムⅡ、F-15E ストライクイーグルが代表キットとして挙げられる。

今回、初めての船舶第1弾として発売された「1/700R.M.Sタイタニック」では、LEDを発光させることで、船内の客室に照明が灯されたような電飾が可能となる力の入ったキットとなっているのだ。

キット化されたR.M.Sタイタニックとは?

タイタニックは、北大西洋航路用に計画されたもので1911年5月に進水、翌年3月に竣工したイギリスの豪華客船である。

速さよりも設備の豪華さに重点を置いて設計されており、まさに一流ホテルに匹敵する贅沢さを備えていた。

安全対策にも注力され船底は二重底構造になっており、16の防水区画のうち2区画が浸水しても沈没しない構造になっていたはずだった。

しかし、処女航海中の1912年4月14日、北大西洋上で氷山に接触、船体が破損し浸水を始め、翌日未明にかけて沈没してしまったのだ。犠牲者数は乗員乗客合わせて1,513人であり、当時世界最悪の海難事故であった。

の後、1997年に公開された映画「タイタニック」で世界的にその名が知られることとなった、悲しい歴史を持つ伝説の豪華客船なのである。

スポンサーリンク

気になるキット内容は?

キットの中身を見てみると、確かにパーツは細かな色分けがなされている。

船体は底からダークブラウン、ブラック、ホワイトの3色にパーツ分けされていて、パーツ精度も良好のようだ。スクリューパーツにはゴールドメッキが施され、キットの目玉であるLED電飾に必要な乾電池ボックスや配線、LEDなども付属している。

なお、乾電池ボックスは付属のディスプレイスタンドに内蔵する仕組みだが、点灯に必要な単4乾電池は付属していないので、別途購入しなければならない。

マーキングはデカールとステッカーの2種類付属している。

↓船体はこのように色分けされたパーツで仮組みされている。パーティングラインの処理などは必要だが、パーツの「合い」は良好のようだ。

↓取説を見てみると、LEDの配線には「通電テープ」を使用して、出来るだけリード線を使わない仕様となっている。配線初心者にも失敗の少ない配慮ではないかと思う。

●キット価格(定価):4,860円(本体価格:4,500円)

●箱サイズ:458㎜ x 210㎜ x 59㎜

●完成時サイズ :全長382㎜、全幅40㎜

↓凄い!キレイ!これを見たらきっと欲しくなる!?その動画がこちら!

↓凄!プラ 1/700LED付きタイタニックの購入はこちら!

童友社のプラモデルは目の付け所が良い!

童友社というメーカーは、プラモデル以外にもトイラジコンやダイキャストミニカー、科学と実験シリーズなどの玩具も販売している。

プラモデルキットでは、タミヤやフジミ、アオシマなどが手掛けるジャンル以外に力を入れており、中々目の付け所が良い。

童友社というと、すぐに連想できるのが日本の名城シリーズだが、他にも西洋の城や日本の甲冑(鎧)、名刀など他社ではあまり踏み込まないジャンルをキット化しているのだ。

レオナルド・ダ・ヴィンチが発明した器具などをシリーズ化しているのもとても面白い。

凄!(スゴッ)シリーズでは、プラモデル製作用ツールに薄刃ニッパーやきさげカッターを販売しており、これがまた、ぜひおすすめしたい高品質な良いツールなのだ!

↓モデラーご用達!高品質な高級薄刃ニッパーだ!

↓めっちゃ削れる!!パーティングライン処理や合わせ目処理がやりやすい!

今後も童友社には、こんな一風変わったキットを販売し続けてほしい。

 ⇒童友社の公式HPはこちら!

童友社1/700タイタニック号のLED電飾キットに注目!の記事まとめ:

LED点灯可能な童友社の1/700スケール「R.M.Sタイタニック」のプラモデルキットを紹介させて頂いたが、いかがだっただろうか?

船舶模型の大好きな方でも充分楽しめるキットになっていると思う。ディスプレイした部屋の灯りを暗くしてLEDを点灯した時の雰囲気がたまらない。

また、完成サイズも382㎜と大き過ぎないところがまた良い。

もちろん模型好きな方は、必ず要所は接着し塗装やウエザリングもするでしょうが、パーツやモールドも細かく表現されているので、ベースキットとしては満足のいくキットだと思う。

私はすでにキットは購入済みなので、もちろん塗装して作る予定ではあるが、興味のある方は一度製作してみてはいかが?

プラモデル製作に必要な工具や便利ツールを紹介した記事はこちら!

⇒プラモデル・模型製作に必要な工具、便利ツール記事を徹底紹介!

スポンサーリンク

当サイトでは、他にもキャンピングカーやおすすめ情報なども掲載中!

⇒「ひろログ!」トップページはこちら!

⇒「キャンピングカー」情報一覧ページはこちら!

⇒「おすすめ」情報一覧ページはこちら!

「観光地&レジャー情報」一覧ページはこちら!

キャンプ場」情報一覧ページはこちら!

⇒「キャンプ用品」一覧ページはこちら!