シェアする

キャンピングトレーラーは住居としても使える優れもの!

このページをご覧頂き、ありがとうございます。
サイト(記事)の管理人の「ひろろん」ですヽ(^o^)丿

このページでは、キャンピングトレーラーを詳しく紹介しています。

また、各記事の「👉」以降のタイトルをクリックして頂けると、当サイトの関連記事をご覧頂けますので、今後とも「ひろログ!」をよろしくお願いします。

スポンサーリンク

キャンピングトレーラーってどんなキャンピングカー?

キャンピングトレーラーとは、自走装置を持たず他の自走車両に牽引されるタイプのキャンピングカーです。

この箱型の居住空間に、ベッド・テーブル・チェア・キッチン・トイレ・シャワーなどの生活に必要な装備を一通り備えています。

サイズや装備も色々豊富で、軽自動車専用のキャンピングトレーラーもあり、トイレやシャワーまでは装備されていないタイプまであります。

画像 画像1

キャンピングトレーラーのメリットは?

欧米では旅行手段の一つとして定着しており、日本と比べ圧倒的に登録台数が多いそうです。

特徴としては、キャブコンに比べ遥かに室内が広く、窓も二重窓を使用している場合が多いため、結露などが出にくいなどの利点もあります。

架装設備もキャブコンより広さの制約が少ないので、良いものを設置できる場合が多いです。

しかも自動装置を持たない事もあり、キャブコンの価格の3分の1程度に抑えられるメリットもあります!(*^▽^*)

牽引するトレーラーなので必要な時以外は移動する必要がなく、牽引車両も乗用車で可能なため、イニシャルコストやランニングコスト両方で安価に抑えられます。

👉ひろログ!TOPへ

キャンピングトレーラーのデメリットは?

欠点は牽引した車両全長が長く、走行中の内輪差や駐車場に気を使わなければなりません。

またキャブコンとは違い、走行中は牽引された居住スペースに乗車出来ません。

トレーラー牽引なので、免許も中型免許が必要となりますが、小型の軽自動車が牽引する小型のトレーラーの場合は普通免許で可能な場合もあります。

スポンサーリンク

キャンピングトレーラーは住居としても使える優れもの!の記事まとめ:

価格帯は200万円台~400万円台くらいで、サイズや設備によって幅はありますが、比較的安価であると言えますね(^^♪・・・(600万円以上するものも中にはありますが。)

自宅の庭に置いて、離れ部屋としても使用出来そうです。

普段は自家用車としてマイカーを使いたい。でも年に数回はキャンピングカーで旅もしたい。という方には、必要な時にだけ牽引させるこちらのキャンピングトレーラーがおすすめではないでしょうか?

画像2

画像3

キャンピングカーでお花見へ出掛けませんか?

○こちらの記事では、全国のおすすめお花見スポットを地方別に紹介しています。ご参考にどうぞ。

👉全国の桜の名所2017!花見おすすめは!?地方別厳選まとめ!

○こちらの記事では、住居として充分生活する事が出来る、トレーラーハウスを詳しく紹介しています。ご参考にどうぞ。

👉トレーラーハウスに住む!住宅に勝る利点は?その魅力とは?

キャンピングカー関連のおすすめ記事はこちら!

○こちらの記事では、2017年に全国各地で開催される、キャンピングカーイベントの予定や詳細情報を紹介しています。ご参考にどうぞ!

👉キャンピングカーイベント|全国のイベント情報2017年予定は?

○こちらの記事では、近年人気急上昇中の軽自動車ベースのキャンピングカー関連記事をまとめて紹介しています。ご参考にどうぞ!

👉軽キャンピングカー人気の理由はこれだ!厳選記事まとめ!

○こちらの記事では、世界の超豪華なキャンピングカー関連記事をまとめて紹介しています。面白いのでぜひどうぞ!

👉キャンピングカー|世界の超豪華キャンピングカー記事まとめ! 

○こちらの記事では、「こんな面白いキャンピングカーがあるの!?」と思わず笑っちゃうキャンピングカーの記事をまとめて紹介しています。面白いのでぜひどうぞ!

👉面白いキャンピングカー厳選記事まとめ! 

○こちらの記事では、キャンピングカー関連で役に立つ、おすすめ情報などをまとめ記事で紹介しています。ご参考にどうぞ!

👉キャンピングカーおすすめ厳選記事のまとめ!

当サイトでは、キャンピングカーやおすすめ観光地、イベント情報などが満載です。

良かったら立ち寄って下さいねヽ(^o^)丿

👉「ひろログ!」トップページはこちら!

👉「おすすめ」情報一覧ページはこちら!

👉「観光地&レジャー情報」一覧ページはこちら!

スポンサーリンク