三重県の桜の名所、三多気の棚田に映える桜の見ごろは!?

シェアする

このページをご覧頂き、ありがとうございます。
当サイトの管理人「ひろろん」です。

このページでは、「日本さくら名所100選」にも選ばれているお花見の名所、三重県 津市の「三多気地区」の桜について詳しく紹介しています。

また、当サイトの関連記事などもご紹介していますので、各記事の画像の下の「👉」以降の記事タイトルをクリックして頂けると、詳しい内容をご覧頂けます。

全国のおすすめお花見スポットなど、春の観光名所をたくさん紹介していきたいと思っていますので、今後ともどうぞヨロシクです!

スポンサーリンク

三重県の桜の名所、三多気の棚田に映える桜の見ごろは!?

春になり陽気が暖かくなってくると、いよいよお花見の季節到来ですね!

全国各地にあるお花見の名所に大勢の人々が訪れます。

そこで今回は、三重県 津市の「三多気地区(みたけちく)」の桜をご紹介したいと思います。

古民家と棚田に映えるヤマザクラに感動!

三多気地区は「日本さくら名所100選」に選ばれている桜の名所で、伊勢本街道から真福院までの1.5kmの参道にわたり約500本のヤマザクラの桜並木が続くお花見スポットです。

古木が多いので、比較的長い期間お花見が楽しめるそうです。三多気地区は土地に高低差があり、古民家が立ち並び棚田も多く残っていることから、桜並木と合わせて素晴らしい景観が見られ、とても心が癒されます。

日本さくら名所100選とは?

日本さくら名所100選(にほんさくらめいしょひゃくせん)とは、1990年に公益財団法人日本さくらの会の創立25周年記念として選定、建設省、運輸省、環境庁、林野庁、全国知事会、財団法人国際花と緑の博覧会協会の後援によって行われたものです。

各都道府県から最低1か所を選ぶなど9つの選定基準によって厳選された、名誉ある認定なんです。

全国の開花予測2018年は?

関東から西の各地では、ほとんどの地域で開花しました。今週は次々と満開になっていきます。東京周辺では週末には桜吹雪となるところも多そうです。

今年のさくらは、全国的に平年より早い開花となっています。平年より10日近く早い地域もありました。

今年の冬は、寒気が日本付近に流れ込みやすく、寒い日が続きました。このため、休眠打破は順調に進んでいて、花芽は成長しやすい状態と考えられます。この影響は暖かい地域ほど強くなります。

一方、暖かさで花芽の成長が進む1月下旬以降、2月にかけて非常に厳しい寒さとなったため、花芽の成長は2月末時点ではやや遅れ気味だったとみられます。
しかし、3月に入ってかなり暖かい日が多くなったため、2月の遅れを一気に取り戻す形で、平年より早い開花となっています。

※ウエザーマップによる開花予想より引用

スポンサーリンク

三多気(みたけ)の桜・詳細情報:

○名称:三多気地区(みたけちく)

○所在地:〒515-3535 三重県津市美杉町三多気

👉地図はこちら!

○桜の見ごろ:4月上旬~4月下旬

○TEL:059-272-8085(津市美杉総合支所地域振興課)

○駐車場:あり(150台)

○夜桜鑑賞:可(ライトアップ:19:00~21:00)

○売店:あり

○ビール販売:なし

○日本酒販売:なし

○公衆トイレ:あり

○開園/閉園時間:24時間

○休日:無休

○料金:無料

○桜祭り(イベント):

●三多気の桜まつり(2018年4月14日、15日)

三多気(みたけ)地区までの交通アクセスは?

○公共交通機関の場合:

JR伊勢奥津駅からバス約10分「杉平」下車徒歩約5分

近鉄大阪線名張駅からバス約1時間「杉平」下車徒歩約5分

○車の場合:

名阪国道針ICから国道369号を経由し、国道368号を奥津方面へ(約1時間)

三重県の桜の名所、三多気の棚田に映える桜の見ごろは!?の記事まとめ:

私の親戚が三重県津市に在住しており、遊びにいった時ここに立ち寄ったことがあります。お花見時期ではなかったので桜は見れず少し残念でしたが、棚田などの土地の景観は素晴らしいので、四季各々の自然の風景は楽しめると思います。

今年は4月8日・9日の2日間「三多気の桜まつり」が開催される予定だそうで、大勢の観光客で賑わいそうですね!

全国の「地方別さくらの名所情報」はこちら!

👉全国の桜の名所2018!花見おすすめは!?地方別厳選まとめ!

当ブログでは、キャンピングカーやおすすめ観光地、イベント情報などが満載です。

良かったら立ち寄って下さいねヽ(^o^)丿

👉「ひろログ!」トップページはこちら!

👉「観光地&レジャー情報」一覧ページはこちら!

👉「キャンピングカー」一覧ページはこちら!

スポンサーリンク