Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キャンピングカー旅の魅力!メリットとデメリットは?

サイト(記事)の管理人の「ひろろん」です。

このページでは、「キャンピングカーの旅の魅力」について紹介しています。

当サイトでは他にも面白い記事を掲載していますので、今後とも「ひろログ!」をヨロシク!

 スポンサーリンク

キャンピングカー旅の魅力!メリットとデメリットは?

私はまだバリバリの現役サラリーマンですが、近年定年退職後のセカンドライフであるキャンピングカーでの旅を取り上げられていて、TVや雑誌などでよく見るようになり興味を持ち始めました。

そこで、キャンピングカーの魅力やメリット、デメリットについてリサーチしてみたいと思います。

同じマイカーで旅行をするにしても、キャンピングカーを持ってる事で楽しさが一段とアップする魅力がキャンピングカーにはあるんです! その魅力とは??

キャンピングカー旅の魅力とは?

camp-car

キャンピングカーですが、市販のクルマの内外装を改造したモノが一般的に多く、サイズも軽トラ(軽バン)サイズからマイクロバスサイズまで幅広く、海外製ではトレーラーサイズなんてビッグサイズのモノまで様々なんです。

そもそもキャンピングカーという「持ち物」は、お金持ちの方の道楽的な印象(クルーザーとまではいきませんが・・・)があり、とても高価な印象です(汗)

近年ではクルマのサイズや内装のニーズによって、就寝出来るだけのスペースだけのモノや、プラス水回り(トイレ・流し台)などがあるモノ、お風呂(シャワー)まであるモノまで多種多様にジャンル分けされています。

一千万円クラスから数百万円クラスまであるので、意外と私のようなごく一般的なサラリーマンでもなんとか手が出せそうなモノまで揃っています。

大型のモノは別ですが普通免許を持ってたら大抵のタイプは乗れるので、家族旅行が気軽に出来て行動範囲が広がりとても良いと思います!

⇒ひろログ!TOPへ

キャンピングカー旅の魅力!メリットは?

キャンピングカー旅のメリット①:

キャンピングカーがあれば、宿泊代がかからない。

思い立ったらすぐに旅に出掛けられるので、週末に予定や宿泊地の予約がなかったとしても、思い立ったら旅に出掛けることが可能なんです!

そもそも就寝出来るようにベッドなどの設備が付いていてクルマで宿泊出来ますからね。

お風呂やシャワーの設備が無いタイプだったとしても、寝泊りさえ出来ればお風呂は温泉施設があればそれで良いですから。

お風呂や温泉施設のある道の駅なども最近では多いですから、ローコストで旅行が出来ちゃいます!

キャンピングカー旅のメリット②:

●キャンピングカーなら急な予定変更が可能!

例えば宿泊施設にチェックインの予約をしてた場合、予定が押して遅れそうになったら焦ってしまいますよね。まして夕食を宿でとる予約があった場合なおさらです。でも前述で語ったように宿泊地や夕食の予約の必要がないので、予定は自由自在に変更が可能になります。

キャンピングカー旅のメリット③:

キャンピングカーならいつでも休憩が可能!

一度旅に出ると中々休憩が取れず旅行プランをこなすために、一日中動き回ってヘトヘトになってしまう事がありますよね。キャンピングカーがあれば駐車場さえあればどこでもゆっくり休憩を取ることが出来ます。

旅の疲れや長距離運転の疲れが格段に緩和出来て、ゆっくり旅を楽しめます!

キャンピングカー旅のメリット④:

●キャンピングカーならトイレの観光地の混雑や、渋滞中も気にしなくて済む。

トイレの設備のあるタイプのキャンピングカーなら、いつでも用が足せるので安心です○まして子供がいる場合待った無しなので、この利点は大きいです!

最近はトイレが個室になったタイプのモデルも多いので、車内での用足しに抵抗がある人でも安心ですね。

もしトイレ設備のないタイプのキャンピングカーだったとしても、車内が部屋のように動きやすいので、旅行用の簡易トイレでも余裕を持って対処が出来ますしね!

渋滞に巻き込まれてしまったら仕方はないのですが、まず宿泊予約とか出発時間を気にしなくて良いので、積極的に渋滞を回避しやすいと思います。

例えば交通量の少ない夜に出発して、目的地やその近くまで到着したら、ゆっくりキャンピングカーの中で就寝していたら良いのです。

キャンピングカー旅のメリット⑤:

●キャンピングカーならたくさんの荷物やキャンプ用品を積んでいける!

スペースの大きいキャンピングカーなら、カメラやパソコンやオーディオ設備なども積んでいけるので、快適なモバイルライフを送れます。

最近では道の駅でもWiFiが使用可能なところもあるので、ブログ更新なども現地で気軽に出来ますしね。

またキャンプ用品屋外用のテーブル&チェアやBBQコンロなども積んでいけるので、車内でも屋外でも不自由がなくて良いですね!

キャンピングカー旅のメリット⑥:

キャンピングカーならペットとの旅行も可能!

旅行となると、公共交通機関ならペット同伴がかなり難しく、自家用車でも宿泊施設がペットNGのところもあります。

ペットを連れて行こうとすると、充分な事前リサーチが必要になってきますね。

でもキャンピングカーなら宿泊も車内なので、気にせずに連れて行けます。

キャンピングカー旅のメリット⑦:

●キャンピングカー(キャンプ)の良いところはやっぱり自炊!

キャンプの醍醐味は、なんといってもやっぱり自炊での食事ですよね!屋外でのBBQや、旅先のご当地食材を使っての自炊が楽しめますヽ(^o^)丿

また、途中どこかの海や清流で釣りをして釣った魚を調理して食べたりもキャンピングカーの旅の醍醐味!

食事の楽しみも広がりますね!

手間をかけたくなければコンビニもありますし、ファミレスなどでもOKですしね。

キャンピングカー旅のメリット⑧:

●キャンピングカーでの旅行は、気兼ねなくマイペースでゆっくり楽しめてくつろげる!

「宿泊施設に泊まらずに、なんで狭い車中泊??」

・・・なんて思う方もいらっしゃると思いますが、その狭さ加減とアウトドア感がキャンピングカーでの旅の魅力なんです!野外キャンプで、狭いテントを張ってそこに寝泊りするのが楽しく思うのと同じ事だと思いますよ。

それと誰に気兼ねすることなく、マイペースでゆっくりくつろげる!これがまた魅力なんです!

⇒ひろログ!TOPへ

キャンピングカー旅のデメリットは?

画像

キャンピングカー旅のデメリット①:

●購入する時の価格が一般車両に比べて高額(割高)です。

車格が同じであっても、運転スペース以外が部屋の作りになっていて、一般車のように大量生産ではないため、当然値段は割高になります。

市販されているキャンピングカーや改造されたタイプでも同サイズのベース車の1.5倍~2倍程度は最低でもかかりそうです。

設備(水回りのフル装備)によってはベース車の数倍、一千万クラスの豪華仕様もあるようです(驚)設備内容、改造内容、サイズの選択によりお値段もピンキリです。

楽しみ方やライフスタイルにもよりますが、身の丈にあったタイプを選ぶようにしたいですね。

キャンピングカー旅のデメリット②:

●車自体大きくなるため、運転や駐車場のスペースに十分注意が必要。

外見がノーマルのままの簡易的なモノもありますが、本格的なキャンピングカーの場合、必然的に幅が広く、全長が長く、車高が高くなるため走行に気を付けなければなりません。

軽キャンピングカーなら良いのですが、駐車スペースも当然気を使わなければならず、牽引するタイプなら簡単に駐車出来なくなるので、コンビニ1件立ち寄るのも駐車場の大きいところを選ぶ必要があります。

キャンピングカー旅のデメリット③:

●トイレの清掃管理や、排泄物の処理もすべて自分で行なう必要がある。

キャンピングカーの種類によっては、トイレが常備されているタイプがあり、この場合清掃や排泄物の処理などの管理をこまめにする必要があります。

オートキャンプ場やコンビニなどの公共施設のトイレを使用するなら問題ありませんが、自分のキャンピングカーのトイレを使用するなら、当然自己管理は必要になってきますよね。

キャンピングカー旅のデメリット④:

●夜間の宿泊場所(駐車する場所)の選択には注意が必要。

日本は世界的に見ても治安が良い方ですが、だからといってどこに駐車していても必ず安全というわけではありません。人気(ひとけ)のない場所に駐車(車中泊)するのは極力避けましょう!

また、駐車禁止場所と気付かず駐車してしまい、違反切符を切られてしまう場合もあります。

なるべくオートキャンプ場や車中泊可能な人気(ひとけ)のある場所を選びたいですね。

キャンピングカー旅のデメリット⑤:

●キャンピングカーは普段乗りには適さない。

やはりサイズも大きく立体駐車場や普段乗用車なら行ける場所が困難など、普段の使用には色々制約がありそうです。

牽引するタイプで普段は切り離して使用出来たり、軽キャンピングカーなら問題はありませんが、そうではない場合はちょっとそこまで出掛けたり、買い物をしたりのフットワークが悪くなるようです。

そんな事情もあって、最近ではダウンサイジングされたタイプも数多く出回ってきてるようです。

キャンピングカー旅のデメリット⑥:

●キャンピングカーは、こまめな掃除やメンテナンスが必要。

もちろんマイカーは自分にとって愛着があり、普段から大切にメンテナンスや掃除をするでしょう。しかし、キャンピングカーはそれ以上にメンテや掃除が必要になってきます。

水回り(キッチンやトイレ)の設備があるタイプでは、当然普段の清掃やメンテが必須ですし、タンクや排泄物のボックスなどの清掃も必要です。

スポンサーリンク

キャンピングカー旅の魅力!メリットとデメリットは?の記事まとめ:

campcar1

キャンピングカーでの旅の魅力を書かせていただきましたが、メリットやデメリットなどもありますが、やはりキャンピングカーにはデメリットを帳消しにしてくれる魅力があります。

旅行好きなアウトドア派な方や、スローライフを送りたい。自由に旅がしたい。という方にはキャンピングカーとは欠かせないアイテムだと思いますよ!

キャンピングカー関連のおすすめ記事はこちら!

○こちらの記事では、近年人気急上昇中の軽自動車ベースのキャンピングカー関連記事をまとめて紹介しています。ご参考にどうぞ!

⇒軽キャンピングカー人気の理由はこれだ!厳選記事まとめ!

○こちらの記事では、世界の超豪華なキャンピングカー関連記事をまとめて紹介しています。面白いのでぜひどうぞ!

⇒キャンピングカー|世界の超豪華キャンピングカー記事まとめ! 

○こちらの記事では、「こんな面白いキャンピングカーがあるの!?」と思わず笑っちゃうキャンピングカーの記事をまとめて紹介しています。面白いのでぜひどうぞ!

⇒面白いキャンピングカー厳選記事まとめ! 

○こちらの記事では、キャンピングカー関連で役に立つ、おすすめ情報などをまとめ記事で紹介しています。ご参考にどうぞ!

キャンピングカーおすすめ厳選記事のまとめ!

当サイトでは、キャンピングカーやおすすめ観光地、イベント情報などが満載です。

良かったら立ち寄って下さいね!

⇒ひろログ!」トップページはこちら!

⇒「観光地&レジャー情報」一覧ページはこちら!

スポンサーリンク